取り戻せるほどのケアレスミス

FX投資初めての方が市場の肝心なところを見つけるには、まず注文を積む事が重要です。キレイモのフリーダイヤル

あらかじめ危険を回避できるようになるためには失敗を積み上げることも大事です。

無論、間違いをするといっても、やり直しが効かないほど決定的なミスをする事は出来ません。

取り戻せるほどのケアレスミスを数度実践する事が、最後にあなたの経験値を高めてくれるはずです。

こう考えるとまず最初は少額で売買を行い、いくつか小さな損をすることが必要です。

ひとつの例として、100万円だけしか資金がない状態でいきなり100万円を全額投入してトレードすると、マイナスになった時、今後取り返せない恐れがあります。

それよりも、ひとつの例として1割ずつ分割して取引して売買を体験した方が、少しずつ損を減らす技術なども覚えるはずです。

最初は少ない額で売買する事の有益なところは、既出の通り、取引経験を増やし、間違いを管理する方策を習得していく事にありますが、取引の回数を重ねて、偶然を少なくできるという利点もあります。

想定として、1度限りの売買で利益を上げられる確率が二分の一だと考えます。

同じ確率でマイナスになる可能性もあります。

勝率5割ということは。

2回に1回の比率でプラスになる事を現しています。

ところが、全財産をつぎ込んで1回こっきりのエントリーをするということは、勝つか、負けるかのどちらかだけになってしまいます。

それは丁半バクチと同じ。

つまり、全てのお金を投資して1度しか勝負しないとこれだけでは大損する率が高くなってしまいます。

それだけに、資金を1度に全部使うのではなく少しずつ分けて、回数を増やす事がリスク分散となります。

ただし数回に分けたとしても、すべての取引でプラスにする事は不可欠ではありません。

はっきり言うと、勝てないのが本当のところです。

売買で大事なのは、勝つ確率ではなく、いくらプラスに出来るかです。

勝半5割でも、それ以下でもプラスにする事は出来ます。

それ以上負けても損が小さければ3割の勝ちのプラスで十分に稼げます。

そのために重要な事は、損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

損失が生じたらすぐさまロスカットして、逆に勝った場合にはなるべく大きく利益を上げることが外為取引をはじめたばかりの方が為替でプラスになるための神髄です。