兎にも角にもしつこいほど言っていますが

現金化を目的に新幹線等の旅券などを多量に購入する→クレジットカードショッピング枠のキャッシュ化というもの使用しないで自分が現金化を目的にクレカを使用することも同様。

現金に変えるということを目的としているクレジットのショッピングであるとカードのカード規約違反に繋がってしまうためです。

複数枚の新幹線の回数券の他切手販売によるカード使用をすると、ともすると換金する目的なのではないか?という風に警戒される可能性なども考え得るため、細心の注意が必要である。

さらに、利用時点においてキャッシング枠の方が限度になっているユーザーの場合電車等のチケットを購買することにトライすることだけでクレジットカード発行会社の電話が入ることがあるからお金がない時のカード支払いは出来ないようになってしまう模様です。

問題のある時において頭をよぎることはたいてい同じようなことなのでしょう。

カードの発行会社に問題のある利用をしてしまう●流行していた『永久不滅』などクレジットカード発行会社の立場からみて全然プラスとなり得ないような規約に違反した利用方法をした場合にはカードの会社により強制没収という処理がされてしまう事例というのもあるのです。

Web上に話題となっていたクレジットポイントの不正入手など世に流れていない情報なんていうがあってもそういった手法というものは間違えなく規約違反となるから何があっても使わないようにしてください。

没収させられたデータは他のカード会社へ流れる》強制没収させられても、違う会社のクレカであれば使えるんだから、1枚であれば大したことないじゃん??とか思った方今の情報社会においてはそれが身を滅ぼすことになる危険性もあるでしょう。

なぜならば、強制失効となるという事例においては、カード会社から確認可能な情報機関へデータが記録されてしまうので社会的信用は急落する可能性もあるからです。

保有するだたひとつですらクレジットカードを没収させられた場合、以後クレジットカードも審査が厳しくなりますしさらに持っているクレカさえも没収させられてしまう事態もなくはないのです。

幸運にも継続利用できる場合も期限満了とともに使用できなくなると考えられます。

兎にも角にもしつこいほど言っていますが、強制退会させられるような使用は絶対になさることのないよう、誠実にクレジットを利用してほしいと思う。