買い取りの際の扱いも変わりますし

自動車重量税、略して重量税は国産車あるいは外国の車という車の生産している国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、セダン等自動車の形状に関係なくトヨタやGM、等にも同様に納付しなくてはいけない税金のことをいいます。松尾ジンギスカン

新車登録の場合、あるいは定期的にある車検を受ける時に支払う必要があるお金なのです。ミレイズ

この税額はその愛車の重量毎に定められています。キッズアイランド

「自動車重量税」と「自動車税」では全く異なるものですから基礎となる税金を理解して勘違いしないようにしてください。ジェイウェルドットコム

「自動車重量税という税金は自動車のウエートにより」「自動車税というものは自動車の排気量で」金額が変わります。資格スクール 大栄

また、買い取りの際の扱いも変わりますし、注意が必要です。Remery(リメリー)

自動車の買い取りの時には既に納めた車の金額がどれだけ残っていてもその金額が還付されることはないです。ブリアール

一方で自動車税の時は、既に支払った税金を買取額に乗せてくれるというケースがあるものの、重量税の時は上乗せしてくれるケースはほとんどないのが現状です。Bizoux(ビズー)

重量税は車の処分時に支払った金額が残っていると言っても車買取店の方でその事実が材料になることはまずないと思います。ラ・ファミーユ

なので次回の支払い、つまるところ次回の車検まで待機してから手放すということがベストでしょう。はっぴぃタイム

中古車引き取りの時は還付の対象にならない重量税でも、例外的な場合では還付していただけることがあります。

その時は、車検期間が残っている車を廃車にしてしまうケースです。

つまり、廃車登録をした時に残っている期間に応じて金額が戻ってきます。

しかし、自動車引き取りの時はその車が廃車になるのとは違うので還付されません。

また、クルマの名義の変更をした時や盗まれた際も還付を受けることはできません。

自動車重量税の残存期間がある愛車を売却するということは、車検がまだある車ということです。

そういったことを店側も忖度しますから自動車重量税の期間が残っていればある程度売却額が増えるはずです。

もちろん、買取金額は店次第で変わりますが車検が残っている事実が考慮されれば売却する自動車の買取金額からみたらあまり割に合わないということもありません。