2.50円の幅で円安に進めば赤字

ありふれた初心者用のFX取引のテキストでは「損失が生じた時はナンピンをすることでポジション全体の買い付けコストを低くする」等と述べられていると思いますがナンピンには相当の落とし穴が隠れています。外壁塗装 色選び

まず、ナンピンの手法について手短に述べます。ホワイトヴェール ヘリオケア

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。ディセンシア サエル 口コミ

$買いということで、円安ドル高に向うほど利益が大きくなりますが、反対に95円までドル安が進んでしまったとします。コンブチャクレンズ 解約

この場面でポジションを持ち続けたら、損失が戻るためには、5円分、円安に動かなければなりません。コンブチャクレンズ 楽天

誰もが、マイナスは可能な限り早く取り戻したい願うでしょう。クリアハーブミスト

それを解決するため最初に取引したのと同じ額の$を、1ドル95円で取引します。クレンジング酵素0 レシピ

そうしたら、ポジション全体の買い付け単価は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。屋根素材 診断

言い換えると、2.50円の幅で円安に進めば赤字を失くせます。クレンジング酵素0 痩せる

この流れがナンピン買いのロジックだ。スルスル酵素 990円

ナンピン買いの手法を聞くと、「確かに」と考えたりするが外国為替市場はそう易々と問屋を卸しません。

だいたい、95円より下がらないとは誰もわからないのである。

仮定として、外国為替市場がドル安地合だったら1ドル95円では下げ止まらずに更に一段のドル安に向う危険性がある。

たとえば、97円50銭でナンピン買いをした時に95円まで円高に進んだらナンピンした分にも、マイナスが生じてしまいます。

この状態では、初めに取引したドルと合計で2倍の損失を被ることになる。

この例のように、ナンピン買いは難解です。

それでは、市場がストーリー展開とは逆にすぐに進んでしまった場合、どういう術で危機の確率を避ければいいのでしょうか。

そこで取るべき術は限られています。

まずはじめは覚悟を決めて損切りをすること。

もうひとつの方法としてはその時に、自分自身が所持しているポジションを少なくして、もう一回為替相場がリカバリするのを大人しく待つことだけです。

だいぶ受動的な手段だと感じる投資家もいるkもしれません。

だがしかし、自分が保持している買いポジションに損失が生じた時、一番有効な術はこれよりいいものはありません。

勿論、ロジックのうえではナンピンをするという対策もありえます。

だがしかしナンピンはあなたが損をしている場面で、買いポジションを減少させるどころか、反対にポジションを増やしていく対策です。

この手法では、リスクを削減することなど、到底不可能だと考えるべきです。

ナンピンをしていけばいずれは損失が回復するかもしれません。

だけど、それ以前に資金は不足してしまいます。